土地を持っていたら、なんとか有効に使いたいと思いませんか。中には先祖代々からの土地や親から譲り受けた土地だからと、もってはいても更地だったり、何も使わずに税金だけを払うケースもあります。土地は使わなければ負担になることが多いです。

先祖だって、大切に使うのであればよろこんでくれるはずです。

■やっぱり土地活用の王道は、アパート経営とマンション経営
景気が悪いと言われていながらも、マンションの販売個数が増えたりと、賃貸物件は相も変わらず大勢の人が利用しています。これからも、賃貸物件の需要が欠かすことはできません。そんな需要をやはり土地活用に活かそうと考えたら、アパート経営とマンション経営となるでしょう。

この二つは土地活用の王道です。これをすることで、先にも書いた土地を大切にすると言う課題もクリアできるでしょう。アパート経営やマンション経営も、不動産業者と協力して、進めていきます。不動産業者に査定を頼み、そして、一緒にする不動産業者を決めます。

そこから、事業計画をつくります。どんなアパートやマンションにするのか、部屋数などの規模や費用をどうするかも相談します。そして、それらをもとに銀行から資金を借り入れて建設へと進みます。その段階で不動産業者には、入居希望者募集を始めさせておき、完成直後から入居者が生活できるようにします。

この時点から、あなたのアパート経営、マンション経営が始まるのです。アパートやマンションの管理を自分でやってもいいですし、不動産業者や管理会社へ委託するのもいいでしょう。その形態で、本業にするか副業にするかも別れたりします。あとは運用をしながら、借りたお金を返済をしていくのです。

■最後に
このように土地活用の王道である、アパートやマンションの経営は進められていきます。不動産業者と協力すれば、きっと成功するでしょう。